需要が増えている

需要が増えている離婚専門の弁護士

日本は、多くの人が協議離婚を選択しています。この方式は、お互いに話し合って離婚を決めるもので、他の諸外国の場合、必ず裁判をして決着をつけることが前提となっていることが多い中、比較的法律的にはゆるい体制となっています。 しかし、中には話し合いが平行線を辿り相互で納得ができないケースも見られます。そんな時にお願いしたいのが弁護士です。近年、離婚も珍しくなくなり、それと同時に別離する時に何らかの問題が発生する場合が多くなり、需要も増えてきました。これによって、各弁護士事務所にて価格競争が発生しました。一般的に一律ですが、それぞれ相談回数等に応じて価格に差が出てくるので弁護士事務所によって料金が異なるのです。

婚前契約書でトラブルを未然に防ぐ

これまで離婚でもめるとなると、多くの場合が子供がいる場合でした。どちらも子供を引き取りたい場合、日本はどちらかに親権を委ねることが前提となります。そのため、離婚する時は親権をどちらにするかでトラブルとなるのです。また、昔からよくあるのが離婚時の慰謝料についてです。結婚後に築いた財産は、お互い半々で分けなければならないと言う法律があり、これによって色々ともめてしまいます。 最近は、この揉め事を減らすため、婚前契約と言うものを利用する人も増えており、この時も弁護士を通じて書類を作成してもらうと後々トラブルを引き起こす確率が減ります。婚前契約書には、予め離婚した時の財産分配等が事細かに記載されています。