請求できる

後遺障害に対する保険会社の対応

交通事故によって後遺障害を背負ってしまった場合には、通常請求できる慰謝料よりも数十倍のお金を相手に対して請求することができます。 相手が保険会社に入っていればなおさらで、きちんと話し合いをしなくてはいけません。 後遺障害というのは、交通事故によって事故後も身体に機能障害が残ってしまうことを言います。 この場合、日常生活に支障をきたすレベルで傷を背負ってしまうケースが多いため、仕事に復帰できなくなることも考えなくてはいけません。 当然、交通事故によって後遺障害を背負った場合にはこれら日常生活に関する状況も加味されることになるため、金額は大きくなります。 これは、民間の保険会社であっても変わりはないため、交通事故で後遺障害を負った場合にはすぐにそのための対応を考えなくてはいけません。

交通事故の専門の弁護士に相談をする事が大切になる

後遺障害に関する慰謝料を実際に請求するときには、それを専門としている弁護士に相談することが大切です。 何故かというと、後遺障害に関して相手に請求する慰謝料のパターンは二つあるからです。 それは、裁判と示談です。 交通事故に関する慰謝料請求は、相手の保険会社も大きな問題にしたくないため必ず最初は示談交渉をしてきます。 ただし、示談交渉だからと言って相手の要求を全て受け入れる必要はありません。 示談交渉の際に納得できる金額の提示がなければ、遠慮せずに裁判を起こすことが大切なのです。 統計上のデータでも、示談による慰謝料の金額よりも裁判で取得できる慰謝料の金額の方が大きくなるという裏づけがあります。 そのため、交通事故を得意としている弁護士に依頼をする事が大事なのです。