法の番人ならでは

弁護士の活動領域の分化

弁護士は、弁護士法に基づき様々な法律に関する業務を行うことが可能です。法分野の活動領域は民事系、刑事系、公法系に分かれており、さらに、訴訟行為を行う訴訟代理人となることや契約書の作成を行ったりします。従来は、弁護士数も少なかったため、このような業務を何でも扱うスペシャリストが求められていました。しかし今では法律関係の複雑化、弁護士の数の増加により、それぞれの分野におけるスペシャリスト化が進んできています。その中で、相続専門の弁護士も当然存在し、需要もあります。相続は、民事紛争の中でもメジャーな分野であり、訴訟を必要とする場合もあれば、非訟事件で解決される場合もあり、専門的な知識が必要となる分野だからです。

これからの予測について

弁護士の専門家が進むにつれ、今後とも相続専門の弁護士は増えていくことが予測されます。なぜなら、現在の日本は後期高齢社会であり、65歳以上の人口が増えており、それに伴う死亡者数も増加し、相続問題も多発すると考えられるからです。相続専門の弁護士の強みは何と言っても、紛争解決のためのチャンネルを多く持っているということです。他の民事分野と違い、相続問題は、和解や調停、訴訟といった紛争後に解決を図るだけではなく、遺言書の作成や相続相談にも対応するなど、事前の紛争予防にも精通している必要があります。相続専門の弁護士は、それらに精通しているため、紛争に応じて柔軟な対応が可能です。依頼する者としては、安心して仕事を依頼することが可能となります。